umetsu

仕事から日常まで赤裸々に!

実に面白い

2009年03月22日(Sun) 08:51:19

とは、湯川の台詞ですがレンタルで映画「容疑者Xの献身」を観ました。原作小説を読んでたのでどう映画用に噛み砕いたのか興味があったのですがほぼ原作通りでした。でも今回、対峙する石神のキャスティングは違うと思いますよ。堤さんはカッコウ良すぎです。堤さんは上手い役者さんだけどそこは原作通りの外見でキャスティングして欲しかったな。より石神の切なさが浮き彫りになったと思いますね。制作側は多様な思惑があってキャスティングするんだろうけど本来は物語の本質をきちんと表現するための映画作りであって欲しいですね。でもこの映画、大ヒットしたけど物語は地味だし決して映画的スケールの大きい作品じゃないんだよね。対照的なダークナイトがコケてこっちがヒットするのは不思議。分析するとその理由は分からないでもないけど…それと柴咲コウの役はほとんど存在意味がなかったのが気になったなぁ。 「おくりびと」もようやく観ました。イメージ通りの映画で良かったですよ。最近、親しい業界仲間を相次いで亡くしてたので尚更身に染みました。山崎努さんは大好きな役者さんなんですが相変わらず良かった。アカデミー外国語映画賞がこのような人の営みを描いた作品に贈られたことはとても意義があると思います。社会派の問題作でもなくより大きな国家の国際的苦悩やスケールでもない小品ですからね。それでいて誰もが避けて通れない死を扱っている普遍性。この企画を具現化した制作陣に拍手ですね。それと「ハンサム スーツ」が面白かったな。これ結構拾い物ですよ。アニメでも出来そうな企画だしなかなか人間の本質を描けてて、とことんリアルにしなかったところが良かった。北川景子も可愛いかったな。モップガール(米ドラマ・トゥルーコーリングのパクリと言われたテレ朝のドラマ)も見ててとても彼女が輝いていたから期待してたんですよ。主題歌の〈MY REVOLUTION〉も懐かしかった!渡辺美里のこの歌、シングルCD持ってましたからね俺。当時、放送してたTBSドラマ「セーラー服通り」の主題歌だったと記憶してます。このドラマって竹内力がまだデビューしたての頃で今と全然キャラが違うんですよ。ビックリしますよ見たら(笑)。このドラマはまったくDVD化される気配もなくて残念だけど良い青春ドラマでした。「ハンサム スーツ」是非、ご覧あれ。 それとは逆に残念だったのは「ザ・マジックアワー」。これもキャスティングが違うよなぁ…。三谷さんのドラマや舞台は結構見てるけど今回の映画は一番ミスキャストじゃないかなぁと個人的には思いましたよ。それとあのセットの存在。と言うかこの映画はアニメで表現した方が面白かったんじゃないかな。そんな気がしました。 「ウォンテッド」はやっぱりアンジェリーナ ジョリーの魅力につきます。でも予告編で本編見せすぎだよね。ダイハード4、0もそうなんだけど本編に予告編以外の見せ場がなくてガッカリします。予告編で良いシーンを見せすぎですよ。以前、ある映画会社の人に聞いた話しだけど最近の観客は公開される映画の内容を事前にかなり知ってないと足を運ばないそうなんです。俺は必要以上に情報を知らされるとかえって興味が薄れて行かないタイプだからなぁ。だから予告編でやたら見せ場を映していざ本編を見に行ったら予告編以外に見せ場がなかったなんて事態は許しがたいんです。もう金返せと叫びたくなりますよ本当に。 自分が映画を作る時は自分の意志を貫こうと思ってますが制作委員会でいろんな意見が入ってくるから実際には難しいかも知れませんね。いや難しいらしいです。
前の記事
イチローの打席!
次の記事
気持ちいぃ日差しの中で。

コメント

こんばんは。

自分も予告以下だと、ガックリします。
と言うか、分かるのは本来予告ではないですし。

ジョンウーはご存知だと思いますが、ハリウッドに移ってからは、明らかに酷い。どうやら、分担作業になるらしくて、仕方ないとか、、、。

あるドイツのバンドは、路線が変わらず、定期的にクオリティーが高いCDを出してるのですが、メンバー全員が本業があるらしく「だから、出したいものを出せてる」ってコメントしてました。

ネットもあるし、今なら趣味でやる方が好きに出来て良いのかもしれませんね。
ただ、予算ですよね~困るのは。
大作は無理ですし、、、。

前回、健康でオススメし忘れた物がありました。
アミノパウダー、お勧めします!
起床後、疲れた時、睡眠前など空腹時にとって頂くと、即効性もあり健康に良いです。
副作用はありません。
種類が豊富ですが、自分の経験では無難なのはグリコのアミノパウダーだと思います。
余計な混ぜ物もないですので。

長文になってしまいました。失礼しました。



by Johnny
URL
2009-03-24 火 01:19:35
編集

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://nailwonder.blog44.fc2.com/tb.php/35-05583cf8

プロフィール

梅津 泰臣

Author:梅津 泰臣


・12月19日生まれ 福島県出身 A型 フリー
・主な作品歴
メガゾーン23 PART2(キャラデ、作監)
機動戦士Zガンダム(オープニング作画)
ロボットカーニバル【オムニバス形式】 プレゼンス
 (監督、脚本、キャラデ、作監)
火垂るの墓(作画)
アキラ(作画)
キャシャーン【リメイクOVA】(キャラデ、作監)
ガッチャマン【リメイクOVA】(キャラデ、作監)
新・破裏拳ポリマー【リメイクOVA】(キャラデ、作監)
A KITE(監督、原作、脚本、キャラデ、作監)
MEZZO FORTE(監督、原作、脚本、キャラデ、作監)
MEZZO【TVシリーズ】(監督、原作、脚本、キャラデ、作監)
女子高生 GIRL'S-HIGH(エンディングアニメ:演出、作画)
カイト リベレイター(監督、原作、脚本、キャラデ、作監)
一騎当千Great Guardians(エンディングアニメ:演出、作監)
魔法遣いに大切なこと(オープニング原画)
ヒャッコ(原画)
かんなぎ(原画)
キャシャーンSins(原画)
戦場のヴァルキュリア
(第2期オープニングアニメ:演出、絵コンテ、作画監督)
マグニチュード・8.0(原画)
テガミバチ(オープニングアニメ:原画)
書家(原画)
それでも町は廻っている(OPアニメ:演出、絵コンテ、作監)
べるぜバブ(第二期EDアニメ:演出、絵コンテ、作監)
BLOOD-C(OPアニメ:演出、絵コンテ)
 他、多数

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (858)

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード