umetsu

仕事から日常まで赤裸々に!

久しぶりの映画館

2014年05月18日(Sun) 23:06:20





先々週、仕事の合間にレイトショーでキャプテン・アメリカ=ウィンターソルジャーを見てきました。一作目がなかなか良かったので二作目は足を運んでみたわけです。元々僕はアメコミにそれほど思い入れはないんですがスーパーマンやバットマン、スパイダーマンのシリーズは見ててコミックより映画版のファン。キャプテンアメリカはコミックで見たとき、かっこよくないなぁと思ったのが率直な感想。70年代のタツノコヒーローの方がデザインにセンスを感じたし洗練されてたように思ってます。で、今、実写化されたキャプテンアメリカを一、二作と見てその印象は少し変わりました(笑)。盾の使い方が映像になると格好よくていいんですね。また主人公のコンプレックスと屈折具合が一作目は良くてこんな物語だったんだと今更発見でした。一作目は監督がジョー・ジョンストンで99年に『遠い空の向こうに』を監督してるんですがこの映画、映画館でボロ泣きした思い出があるんです。物語は高校生四人が困難にぶつかりながらも手作りロケットを完成させ飛ばすまでの話しで主人公と父親との確執や理解を絡めたあたり、僕は自分の親父を思い出さずにはいられなかったんです。この映画は実話で主人公の男の子は数年後NASAのエンジニアになったそうだから好きな事、情熱が将来の仕事に実を結んだ稀な例。そんな事情があってキャプテンアメリカの一作目は好感を持ったのかも知れませんが今回の二作目は監督も変わりキャラクターのドラマより状況に比重が置かれより社会派サスペンスの色合いが強い印象なんです。とは言え想いを寄せていた女性との時を隔てた再会や親友との意外な再会等、一作目の流れも拾ってくれてるのでいいし特に二作目はアクションシーンが素晴らしかったです。工夫してましたね。あとウィンターソルジャーの見せ方が日本のアニメっぽいです。またサミュエル・L・ジャクソンがシールド長官役で出てるんですが映画見ながら、この人がカイトの赤井役やってんだなぁ…と不思議な気分になりました(笑)。スカーレット・ヨハンソンは色っぽくてガンアクションも肉弾戦も様になっててメチャ良かったですね。久しぶりにいい刺激を受けてスタジオに戻りました。写メは美しい雲と朝焼け、シポグの肉球です。
前の記事
最近、買ったDVD
次の記事
セシルのミニバイク

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://nailwonder.blog44.fc2.com/tb.php/657-fae20fdb

プロフィール

梅津 泰臣

Author:梅津 泰臣


・12月19日生まれ 福島県出身 A型 フリー
・主な作品歴
メガゾーン23 PART2(キャラデ、作監)
機動戦士Zガンダム(オープニング作画)
ロボットカーニバル【オムニバス形式】 プレゼンス
 (監督、脚本、キャラデ、作監)
火垂るの墓(作画)
アキラ(作画)
キャシャーン【リメイクOVA】(キャラデ、作監)
ガッチャマン【リメイクOVA】(キャラデ、作監)
新・破裏拳ポリマー【リメイクOVA】(キャラデ、作監)
A KITE(監督、原作、脚本、キャラデ、作監)
MEZZO FORTE(監督、原作、脚本、キャラデ、作監)
MEZZO【TVシリーズ】(監督、原作、脚本、キャラデ、作監)
女子高生 GIRL'S-HIGH(エンディングアニメ:演出、作画)
カイト リベレイター(監督、原作、脚本、キャラデ、作監)
一騎当千Great Guardians(エンディングアニメ:演出、作監)
魔法遣いに大切なこと(オープニング原画)
ヒャッコ(原画)
かんなぎ(原画)
キャシャーンSins(原画)
戦場のヴァルキュリア
(第2期オープニングアニメ:演出、絵コンテ、作画監督)
マグニチュード・8.0(原画)
テガミバチ(オープニングアニメ:原画)
書家(原画)
それでも町は廻っている(OPアニメ:演出、絵コンテ、作監)
べるぜバブ(第二期EDアニメ:演出、絵コンテ、作監)
BLOOD-C(OPアニメ:演出、絵コンテ)
 他、多数

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (865)

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード