umetsu

仕事から日常まで赤裸々に!

怪し会とポツネン

2015年08月30日(Sun) 17:20:04





昨日、茶風林さんからお誘いを受け《怪し会・八雲》の朗読舞台を観覧してきました。この舞台は過去に一度観覧したことがあり今回で二度目。今年は出演者に恒松あゆみさん、小笠原早紀さん、鶴岡聡さんもおり弁魔士セシルでお世話になった方々。朗読舞台を堪能させていただきました。毎回、お寺で開催するので雰囲気はバッチリ。小泉八雲の怪談は子供の頃、たくさん読んできたので懐かしさに妙な感傷気分に陥りました。現代的舞台の怪談もありすべてが八雲の原作をアレンジしているわけではないみたいですが(木原さんの原案かな?)日本の夏は怪談が似合いますね。写メは食事タイムに添えられた日本酒。僕は基本、下戸ですが日本酒は飲めるのでスタジオに持ち帰りました。怪談と聞くと僕の中ではエドガー・アラン・ポーも連想します。アメリカの恐怖小説・推理小説家ですが『黒猫』と言う短編を小学生の頃読んで猫が大嫌いになりました(笑)。当時の僕に言ってやりたい。大人になったらお前は猫を飼うんだよ、って。ずっと猫は恐怖の象徴でしかなかった僕がこんなに猫に深入りしてしまうとは……ま、ある意味シポグはバイオレンスな恐怖でありますが。ポーの小説は全集を買った程、大好きで繰り返し読んでます。そしてもう1つの舞台は先日、渋谷で観覧した小林賢太郎の《ポツネン氏の奇妙で平凡な日々》。アイディア溢れたソロパフォーマンス舞台でとても見応えがありました。ちょっとした工夫で見事なエンターテイメントに仕上げてて面白い。小林さんが終演後の挨拶で「僕を見つけていただいて、ありがとうございます」と言った時、ジャンルは違うけれど同じ表現者としてとても共感する言葉だな、と感じました。舞台や映画もお客さんに足を運んでもらわないと成立しない厳しい世界。より精進しなくてはいけません。慢心は必ず跳ね返ると思っています。写メは先ほど食べた、きつねうどん+ご飯セット。涼しくなってきたので温かいメニューを注文です。さて、とある劇場作品の原画のお手伝いをしていてレイアウトの締め切りが近い!集中せねば。
前の記事
吉祥寺・ジュンク堂にて
次の記事
池袋・新文芸坐オールナイト上映‐追加情報

コメント

コメントの投稿

(N)
(B)
(M)
(U)
(T)
(P)
(C)
管理者にだけ表示を許可する
トラックバック
http://nailwonder.blog44.fc2.com/tb.php/762-c75b41a3

プロフィール

梅津 泰臣

Author:梅津 泰臣


・12月19日生まれ 福島県出身 A型 フリー
・主な作品歴
メガゾーン23 PART2(キャラデ、作監)
機動戦士Zガンダム(オープニング作画)
ロボットカーニバル【オムニバス形式】 プレゼンス
 (監督、脚本、キャラデ、作監)
火垂るの墓(作画)
アキラ(作画)
キャシャーン【リメイクOVA】(キャラデ、作監)
ガッチャマン【リメイクOVA】(キャラデ、作監)
新・破裏拳ポリマー【リメイクOVA】(キャラデ、作監)
A KITE(監督、原作、脚本、キャラデ、作監)
MEZZO FORTE(監督、原作、脚本、キャラデ、作監)
MEZZO【TVシリーズ】(監督、原作、脚本、キャラデ、作監)
女子高生 GIRL'S-HIGH(エンディングアニメ:演出、作画)
カイト リベレイター(監督、原作、脚本、キャラデ、作監)
一騎当千Great Guardians(エンディングアニメ:演出、作監)
魔法遣いに大切なこと(オープニング原画)
ヒャッコ(原画)
かんなぎ(原画)
キャシャーンSins(原画)
戦場のヴァルキュリア
(第2期オープニングアニメ:演出、絵コンテ、作画監督)
マグニチュード・8.0(原画)
テガミバチ(オープニングアニメ:原画)
書家(原画)
それでも町は廻っている(OPアニメ:演出、絵コンテ、作監)
べるぜバブ(第二期EDアニメ:演出、絵コンテ、作監)
BLOOD-C(OPアニメ:演出、絵コンテ)
 他、多数

最新記事

最新コメント

月別アーカイブ

カテゴリ

未分類 (865)

FC2カウンター

検索フォーム

QRコード

QRコード